テクニカル分析の王道 ゴールデンクロスとは

ゴールデンクロスとは?

ゴールデンクロスとは、短期の移動平均線が長期の移動平均線の上にクロスしたとき、強気のシグナルとなるチャートパターンです。ゴールデンクロスは、短期移動平均線(15期間移動平均線など)が長期移動平均線(50期間移動平均線など)を超えて形成される強気のブレイクアウトパターンです。

長期的な指標がより重要視されるため、ゴールデンクロスは強気の市場が目前に迫っていることを示します。

青矢印がゴールデンクロスの発生

上記画像の青矢印がゴールデンクロスの発生です。青の線が15期間移動平均、紫の線が50日移動平均線です。長期間の移動平均線を短期移動平均線が上方向にブレイクした時、価格の上昇が始まっているのが確認できます。

ゴールデンクロスは何を教えてくれるのか?

ゴールデンクロスには3つの段階があります。第一段階では、売りが枯渇して下降トレンドが最終的に底を打つことが必要です。第2段階では、短期の移動平均線が長期の移動平均線を超え、トレンドが反転したことを確認します。最後の段階では、上昇トレンドが継続し、高値に向かって進んでいきます。

ゴールデンクロスの限界

すべての指標は「遅行性」であり、未来を完璧に予測できる指標ではありません。ゴールデンクロスが観測されても、それが偽のシグナル(だまし)であることも多く、その時にロングを仕掛けたトレーダーは損をする可能性も大いにあります。

また、明らかな強気相場であるにもかかわらず、ゴールデンクロスが現れないこともよくあります。したがって、ゴールデンクロスは、取引を行う前に必ず他のシグナルや指標で確認する必要があります。ゴールデンクロスを他のフィルターや指標と一緒に正しく使うためには、好ましいリスクとリターンの比率を常に維持し、適切なタイミングで取引を行うことを心がける必要があります。

ゴールデンクロスでバックテストをする

contraのアプリを使えば簡単にゴールデンクロスを使ったバックテストをすることができます。実際にゴールデンクロスを実践の場で使う前に、バックテストを行うことをおすすめします。

tajimabaseのプロフィール画像

tajimabase