テクニカル分析:エンベロープの発展 ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドは、市場価格の移動平均からプラスとマイナスの2つの標準偏差で描かれたトレンドラインで定義されるテクニカル分析ツールです。パラメーターの組み合わせでユーザーの好みに合わせて調整することができます。

ボリンジャーバンドは、著名なテクニカルトレーダーであるジョン・ボリンジャー氏によって開発されたもので、投資家が資産の「売られすぎ」「買われすぎ」を適切に見極める確率を高めるために考案されました。

上記の画像はUSDJPYの日足のボリンジャーバンドを表示したものです

上記の画像から分かるように、ボリンジャーバンドの下側でタッチした後上昇していますが、上側でタッチしたのに反転されずに上昇を続けています。ここがボリンジャーバンドの最大の弱点です。そこに関しては後述します。

ボリンジャーバンドの求め方

任意の期間の価格の標準偏差を求める

上部バンド:単純移動平均線+n標準偏差(σ)
下部バンド:単純移動平均線-n標準偏差(σ)

nは一般的に1,2,3を用いる

ボリンジャーバンドで得られる情報

スクイーズ


スクイーズは、ボリンジャーバンドの中心的なコンセプトです。バンドが接近して移動平均を圧迫することをスクイーズと呼びます。上記の画像でオレンジで囲われた部分がスクイーズにあたります。

スクイーズは低ボラティリティーの期間を示しており、トレーダーは将来のボラティリティーの上昇と取引機会の可能性を示唆していると考えられています。逆に、バンドが離れて動くことをボージと言います。上記の画像で青色の枠線で囲まれた部分にあたります。

ボラティリティーが低下する可能性が高くなり、取引を終了する可能性が高くなります。しかし、これらの条件は売買シグナルではありません。バンドは、変化がいつ起こるのか、価格がどの方向に動くのかを示すものではありません。

ブレイクアウト
価格変動の約90%は2つのバンドの間で起こります。バンドの上や下へのブレイクアウトは大きなイベントです。ブレイクアウトは売買シグナルではありません。多くの人が犯す間違いは、価格がバンドのいずれかに当たるか、または超えることが売買のシグナルであると考えることです。ブレイクアウトは、今後の価格の動きの方向性や程度を知る手がかりにはなりません。

ボリンジャーバンドの限界

ボリンジャーバンドは、独立したトレーディングシステムではありません。ここにまず注意してください。ボリンジャーバンドは、価格変動に関する情報をトレーダーに提供するために設計された単なる指標のひとつです。ジョン・ボリンジャー氏は、より直接的な市場シグナルを提供する、他の2~3の非相関指標との併用を提案しています。また、異なる種類のデータに基づく指標を使用することが重要だと考えています。ボリンジャー氏は、移動平均乖離率(MACD)、オンバランス・ボリューム(出来高)、相対力指数(RSI)などのテクニカル指標を併用することを推奨しています。

そのためボリンジャーバンド単体でエントリーを行うことは非推奨のため、その他のテクニカル指標を併用して市場を分析していく必要があります。扱いが難しいテクニカル分析の類となることに注意してください。

tajimabaseのプロフィール画像

tajimabase